日本でセキュリティシステムは必要か?




警察庁の「犯罪白書」によると平成28年における刑法犯の認知件数は約100万件あります。そのうち検挙できたのは約33万件です。

1日平均にすると2,800件ほどの刑法犯が行われている計算になり、90秒に1回は刑法犯が行われていることになります。

現在のわが国で刑法犯の7割は捕まっていないのが現状です。

刑法犯罪の中で最も多い犯罪は窃盗です。

認知件数において72.6%。一般刑法犯の大半を占めています(平成28年)。


ちなみに、この数字は戦後最少になります。

これを多いとみるか少ないとみるかはそれぞれですが、それでもこれだけの犯罪が蠢いていているのです。


窃盗被害に遭うと、盗まれた被害だけでなくその後の業務やお客様の信頼、そして何より精神的ストレスと、被害は拡大していきます。


被害に遭ってからでは遅いのです。

だからこそ被害に遭う前に、一度ご検討下さい。

相談無料にて経験豊富なスタッフが親身に対応致します。

最新記事

すべて表示

ピースの考えるセキュリティシステムとは???

こんにちは。 今、私のブログを読んで下さってる皆さま。 皆さまのご家庭、職場はセキュリティ対策を講じていますか? 講じていない方は一度、講じていらっしゃる方は再度、ピースのセキュリティシステムを検討してみませんか? ピースの考えるセキュリティシステムは予防を目的としています。 大切なものを盗まれない、大切なものに近づけない、そして大切なものを守ることをモットーに提案させて頂いております。 すでにセ

ピースの入退室管理システム!

今年に入り入退室管理システム(電気錠)の問い合わせが多く届いております。 エステサロンのVIPルームに、会員制のバー、精密機器を取り扱う部署の入り口などなどです。 2020年に東京で開催される大型スポーツイベントでは、入場口付近の混雑緩和やテロ対策を視野に入れた監視システム強化のために、顔認証システムの導入が検討されています。 顔認証システムは、今後もさらに活用の幅が広がるといわれています。 セ

↓​防犯カメラのご相談はこちら↓

防犯カメラ相談窓口サイトバナー.jpg

0120-672-575

​年中無休365日対応 受付時間 午前9:00~午後20:00

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.