病院へのセキュリティーシステム!

最終更新: 2018年9月14日


一年間に医療機関での刑法認知認知件数は1万3000件を超えます。

その大半は「窃盗犯」つまり泥棒です。

「病院は警備が甘い」とばかりに病院だけを狙う窃盗犯もおり、事務室の金庫内の現金やパソコンが盗まれたり、入院患者の現金や持ち物が盗まれたり、外来患者の荷物が置き引きされたりしています。

他にも乳児連れ去りや職員への暴力事件、泥棒や職員自身の薬品や注射器の持ち去り、電子カルテ等の個人情報の入った資料の盗難・紛失と医療機器の安全管理体制・防犯体制のあり方が問題視されています。


病院にには個人経営の医院から大規模な病院まで様々ですが、入院病棟がある場合には基本的24時間体制の状態です。その為、どうしても「警備」「防犯対策」が一般企業と比べて行きにくく、病院側も誰かしら人がいることで甘くなってしまいます。


だからこそ、今一度病院内の警備や防犯対策を考え直してみませんか。

我がピースは今までの実績を踏まえ、安心かつ完全を第一にお客様のニーズに添ったご満足頂けるご提案をさせて頂きます。

是非一度ご検討されている方は、まずは無料相談にご相談下さい!!









最新記事

すべて表示

ピースの考えるセキュリティシステムとは???

こんにちは。 今、私のブログを読んで下さってる皆さま。 皆さまのご家庭、職場はセキュリティ対策を講じていますか? 講じていない方は一度、講じていらっしゃる方は再度、ピースのセキュリティシステムを検討してみませんか? ピースの考えるセキュリティシステムは予防を目的としています。 大切なものを盗まれない、大切なものに近づけない、そして大切なものを守ることをモットーに提案させて頂いております。 すでにセ

ピースの入退室管理システム!

今年に入り入退室管理システム(電気錠)の問い合わせが多く届いております。 エステサロンのVIPルームに、会員制のバー、精密機器を取り扱う部署の入り口などなどです。 2020年に東京で開催される大型スポーツイベントでは、入場口付近の混雑緩和やテロ対策を視野に入れた監視システム強化のために、顔認証システムの導入が検討されています。 顔認証システムは、今後もさらに活用の幅が広がるといわれています。 セ

↓​防犯カメラのご相談はこちら↓

防犯カメラ相談窓口サイトバナー.jpg

0120-672-575

​年中無休365日対応 受付時間 午前9:00~午後20:00

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.