警備型の防犯対策のメリット・デメリット

最終更新: 2018年10月9日

現在、セキュリティというと警備員が駆けつけてくれるものを思い浮かべる人が多いと思われます。このセキュリティは、「人が駆け付けてくれる」といったところ、駆け付けた警備員が「状況を詳しく報告してくれる」というとこに安心感があります。


しかし、世間的なイメージと警備の実際は異なっている事には注意が必要です。


警備会社の義務は「現場確認業務」といい、異常があった現場に駆け付け、被害状況を報告するだけなのです。

また、警備業法では「警備員は特権を持たない一般人」として規定されており、現場に怪しい人がいたからと言って捕えることは出来ません。

つまり、警備会社のセキュリティは駆け付けてくれ、被害の状況を報告するだけなので、屋外のセキュリティには向きません。


そこで、ピースは警備員が駆け付ける前にまず侵入させない、近づけない、といったとこに防犯対策を推奨します。




↓​防犯カメラのご相談はこちら↓

防犯カメラ相談窓口サイトバナー.jpg

0120-672-575

​年中無休365日対応 受付時間 午前9:00~午後20:00

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.