警備型の防犯対策のメリット・デメリット

最終更新: 2018年10月9日

現在、セキュリティというと警備員が駆けつけてくれるものを思い浮かべる人が多いと思われます。このセキュリティは、「人が駆け付けてくれる」といったところ、駆け付けた警備員が「状況を詳しく報告してくれる」というとこに安心感があります。


しかし、世間的なイメージと警備の実際は異なっている事には注意が必要です。


警備会社の義務は「現場確認業務」といい、異常があった現場に駆け付け、被害状況を報告するだけなのです。

また、警備業法では「警備員は特権を持たない一般人」として規定されており、現場に怪しい人がいたからと言って捕えることは出来ません。

つまり、警備会社のセキュリティは駆け付けてくれ、被害の状況を報告するだけなので、屋外のセキュリティには向きません。


そこで、ピースは警備員が駆け付ける前にまず侵入させない、近づけない、といったとこに防犯対策を推奨します。




最新記事

すべて表示

ピースの考えるセキュリティシステムとは???

こんにちは。 今、私のブログを読んで下さってる皆さま。 皆さまのご家庭、職場はセキュリティ対策を講じていますか? 講じていない方は一度、講じていらっしゃる方は再度、ピースのセキュリティシステムを検討してみませんか? ピースの考えるセキュリティシステムは予防を目的としています。 大切なものを盗まれない、大切なものに近づけない、そして大切なものを守ることをモットーに提案させて頂いております。 すでにセ

ピースの入退室管理システム!

今年に入り入退室管理システム(電気錠)の問い合わせが多く届いております。 エステサロンのVIPルームに、会員制のバー、精密機器を取り扱う部署の入り口などなどです。 2020年に東京で開催される大型スポーツイベントでは、入場口付近の混雑緩和やテロ対策を視野に入れた監視システム強化のために、顔認証システムの導入が検討されています。 顔認証システムは、今後もさらに活用の幅が広がるといわれています。 セ

↓​防犯カメラのご相談はこちら↓

防犯カメラ相談窓口サイトバナー.jpg

0120-672-575

​年中無休365日対応 受付時間 午前9:00~午後20:00

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.